トップページへ戻る 0120952900
小冊子プレゼント 全面リフォーム
0120952900
menu

長野県松本市アルプスピアホーム

(2015.08.15)

こんにちは、リバティホームの三浦です。

7/28.29の二日間、リクシル様が主催する第8回ビルダーフォーラムで長野県松本市に本社を置くアルプスピアホーム様を訪問致しました。
アルプスピアホーム様は1999年の創業で毎年着実に業績を伸ばし、現在では年間100棟以上、社員さんも60名ほどを数える地元長野県での評判が非常に高い住宅会社さんです。実は3年前にも研修旅行で全社員で訪問しておりますが、そのときよりも社員さんも15名ほど増えています。

創業時の目標は「つぶれない会社」をつくることでした。
そのための「身の丈に合った経営」「無借金」「手形なし」を忘れることなく実践しています。かといって決して「守り」の経営ではなく、環境を十分調査したうえで斬新なアイディアを次から次へと繰り出してくる「攻め」も忘れていません。

e0178935_13165181.jpg

e0178935_13155065.jpg

驚いたのは新卒入社2年目の、それも営業職ではない社員さんが、ショールームで質の高い案内を実践している点です。初めて住宅会社を訪れるお客様は、不安でいっぱいのはずです。それをベテランから新人まで、営業職も非営業職も優劣なく質の高いご案内が可能なのは、どれだけお客様に安心して頂けるでしょうか。
「仁を尽くす」。橋本社長が掲げる会社理念は、会社の隅々までに浸透しているように感じます。

リバティホームでも常に営業マンは自己・チームのレベルアップを図り、日々努力しておりますが、まだまだ足りないことを実感いたしました。

社内での情報の共有化。経営面での数値などはもちろん、誰が何をどのように進めているか? までが共有できる仕組みが構築されており、これにより会社全体が滞ることなく仕事を進めることを可能にしています。

今回のビルダーフォーラムも大変勉強になりました。特に一度訪問した会社さんが、さらなる発展を遂げた数年後にもう一度訪問できたのは、大きな収穫です。リバティホームと同じく、2020年までを年度ごとにしっかりと計画されていることも、弊社と同じビジョンで運営されていると感じます。

もちろん他社さんの長所をそのまま取り入れればいいという簡単な話ではありません。リバティホームの環境に合わせて、お客様によりご安心いただける形を考えていきたいと思います。
三浦新一
リバティホーム


資料請求
関連記事

リバティに行ってみよう!

モデルハウス・ショールーム来店予約

最新記事

家づくりについて調べよう!

小冊子プレゼント
お問い合わせ

家づくりの生情報を知ろう!

読まないで家を建てたら、悔しくなる!
→バックナンバーはこちらから