トップページへ戻る 0120952900
小冊子プレゼント 全面リフォーム
0120952900
menu

 ベトナム文化に触れて

(2017.11.26)

こんにちは、リバティホームの三浦です。

 

前回のブログはベトナムでの建築ツアーをご紹介しましたので、今回はベトナムで触れたもの、感じたものをご紹介したいと思います。

ベトナムは皆様ご存知の通り、大国の思惑に翻弄され、数十年前に国が二つに分かれる不幸な内戦がありました。その前もヨーロッパの植民地であったり、古くは中国からも侵略を受けていました。その後独立を勝ち取り、社会主義国として発展を続けている国です。日本との時差も実は2時間。東西に長く、日本に非常に近い国といえるでしょう。

 

南北の大都市ホーチミンとハノイ、そして世界遺産のあるホイアンをまわりました。

 

交通面ではまだまだ整備が十分ではなく、60㌔を移動するのに3時間。街にはバイクとクラクションがあふれ、道路を横断するのも一苦労でした。

 

しかし市場を行きかう皆さんは活気にあふれ、とても良い表情をしています。

おなじみの米粉で作る麺、フォーもとてもおいしい。日本人にもとても合っていて、各人が好みの調味料を足して、おいしくいただきました。

 

同行した方が「日本の戦後10年くらいだろうか」とおっしゃっていました。私も感じましたが、この地には混乱から立ち直り、自分たちの国を築いていくエネルギーがあります。日本ほど急激な発展はありませんが、ベトナムの皆さんは仕事でも非常に責任感が強く、粘り強く職務をこなすという評判はうかがっています。

 

産業的にはまだまだかもしれないベトナム。しかし、こうして各地を巡ったことによって、「これから伸びていく、進んでいく」という熱いエネルギーを体で、そして心で感じることのできた、とても素晴らしい旅になりました。

 

また10年後、20年後に訪れたい場所の一つです。


資料請求
関連記事

リバティに行ってみよう!

モデルハウス・ショールーム来店予約

最新記事

家づくりについて調べよう!

小冊子プレゼント
お問い合わせ

家づくりの生情報を知ろう!

読まないで家を建てたら、悔しくなる!
→バックナンバーはこちらから