トップページへ戻る 0120952900
小冊子プレゼント 全面リフォーム
0120952900
menu

③ 木造耐火の価格について

木造耐火構造先程の「防火地域では木造軸組の住宅がお得?」という疑問に、
今回は正面からぶつかってみましょう。

考え方の切り口は・・・「価格」です。

そもそも、「防火地域」として法律の規制を受けるのは、主に都市部の駅前や主要幹線道路沿いなどのように多規模な商業施設や多くの建物が密集し、万が一にも火災が起きれば大惨事になりかねない地域です。
建物の制限を厳しくする事で、「まち」の防災機能を向上しましょう!
というのが「防火地域」や「準防火地域」の本来の狙いな訳ですね。

ところが、実際にお建て替えを検討されている敷地の周辺環境を思い出してみて下さい。
幹線道路のような広い道路に面している場所ばかりではないはずです。

木造耐火構造場所によっては、地盤改良のくい打ち機が入らないですとか、工事用のトラックやクレーン車も入っていけない・・・等と言う事になると、更にコストが上がる可能性も出てくるのです。

それでは次に、先程ご紹介した5つの工法別に、一般的な価格をご紹介してみましょう。

① 重量鉄骨造 本体坪単価 70~80万円
② 軽量鉄骨造 本体坪単価 65~75万円
③ 鉄筋コンクリート造 本体坪単価 75~80万円
④ 2x4工法 本体坪単価 50~80万円
⑤ 木造軸組工法 本体坪単価 50~60万円
資料請求