トップページへ戻る 0120952900
小冊子プレゼント 全面リフォーム
0120952900
menu

理想の収納づくり   パントリー編

家づくりを進めるときに、多くの方が気にされる要素の一つに「収納」があります。
収納は例えば布団を入れるものや、本棚やトイレットペーパーなどの生活用品を入れるものまで多岐にわたります。
特に狭小地の間取りを考えるならば、避けては通れないものでしょう。
そして忘れがちなのが、目的によって奥行きが変わってくることです。極端な例を挙げますと、布団を入れられるような奥行きのあるところに本や生活用品を入れれば、荷物はどんどん手前に積まれるようになり、有意義に使うことは難しいでしょう。
寝室の収納、廊下の収納、トイレなどの収納など、場所や目的によって柔軟なつくりを心掛けると後で後悔が少なくなります。つまり、「収納は広い方がいい」が、必ずしも全てに当てはまることはないということです。
さて前置きが長くなりましたが、今回はパントリーを考えてみましょう。
※パントリー キッチンの一部、あるいは隣接している収納スペース。食材、あまり使わないキッチン用品などを保管する場所。
大量の食材を保管できる憧れのパントリー。では、パントリーをより有効に使える生活スタイルを考えてみましょう。
 保管スペースが大きいということは、買い物の回数が少ないケースに特に有効です。つまり共稼ぎのご夫婦などが当てはまるでしょうか。さらに言えばお二人ともが今後職場でのキャリアを全うしていこうと考えられている共稼ぎご夫婦にこそ、特に有意義にご活用いただけます。
 逆に毎日買い物に行ける環境にあるご家庭ですと、パントリーはそれほど効果を発揮しない場合もあります。
 スペースとしては1帖分もあれば相当立派なパントリーが設置できます。もちろんそれに満たない場合でも、キッチンに直接作ることも可能です。「キッチンに作る? 狭くなるだけだしいいよ」と感じるかもしれません。しかし目線への入り方を少し工夫するだけで広くて便利な動線を実現できることはよくあります。
間取りを考える際にスペースを考慮しておきますと、狭さも感じずに済みますので、お考えの際はご相談ください。
 いかがでしょう。憧れや理想の家と、現実に必要なものの優先順位は、もしかしたら別物の場合があることを把握しておくと、間取りの打合せもスムーズに運ぶかもしれません。一言付け加えますと、「理想が高すぎて現実には難しい」というケースでも、落ち込むことはありません。何百軒もの住宅に関わってきた担当者に相談すると、思わぬ工夫が発見できますよ。

資料請求