トップページへ戻る 0120952900
小冊子プレゼント 全面リフォーム
0120952900
menu

社長ブログ 4月2015

現場勉強会、大盛況でした

(2015.04.27)

こんにちは、リバティホームの三浦です。

4月25日の土曜日、現場勉強会の基礎工事編を開催致しました。弊社でも人気のあるこのイベント。
?地盤・基礎工事編、?構造・断熱編、?内装・木工事完了編、?完成・お引渡し編の計4回を半年かけて行います。

一昨年にスタートしたこの勉強会もすでに4クール目となり、すっかりおなじみのイベントとなりました。家が完成したらもう目にすることのできない現場を建築士や棟梁さんが詳しく解説し、時には実技をも体験して頂くものです。

会場も小岩駅から徒歩で五分ほどの好立地でした。今回も12組25名もの方にご参加いただき、終了後には「基礎工事の大切さを知ってよかった」。「基準以上のものを丁寧にやっていることを知れた」など、弊社へのご理解を深めて頂くことができました。

特に普段はあまり表に出てくることのない基礎工事の担当者や設計士のこだわりに触れて頂くめったにない機会に、「地盤調査はどのくらいの深さまでやるの?」「こんなに多くの材料が必要なのですか?」といった具体的な質問も頂きました。

e0178935_1693758.jpg

e0178935_1695338.jpg

e0178935_1694638.jpg

最後には参加者の皆様全員で順番に配筋工事の結び方を体験し、和気あいあいの勉強会となったのです。

次回は6月6日に内装・断熱編を開催致します。柱や壁の内側を解説付きでご覧いただける数少ない機会です。断熱材などの取り付けを実際に体験して頂くことも計画しております。皆様のお越しをお待ちしております。

三浦新一リバティホーム


モデルハウス見学会を開催致しました

(2015.04.25)

こんにちは、リバティホームの三浦です。

4/11(土).12(日)に、弊社モデルハウスで建物見学会を開催させて頂きました。
初日はあいにくの空模様でしたが、折り込みチラシやホームページなどをご覧になって初めて来場いただく方も多く、今回も大盛況の二日間となったのです。

e0178935_11164560.jpg

e0178935_11171080.jpg

特に今回はプランのご依頼を7組も頂くことができました。弊社一級建築士の粟津をはじめとした間取りのエキスパートが、お客様の悩み・希望をしっかりと伺いました。今後の生活スタイルに最適なプランをご提案させて頂こうと、担当者の張り切る姿が社内に目立っております。

また、やはり今回も私どものモデルハウスの自慢の一つでもある、2階の広々リビングや屋上の作り方に驚かれたお客様が大勢いらっしゃいました。ご見学前にまずは外観を見て頂くのですが、完全に3方向を囲まれている敷地に、半信半疑で入場される方も少なくありません。しかし窓の配置や家具・設備の配置次第でこれだけの光を取り込むことが可能であることを知っていただくのです。狭小の悩みを抱える方にはぜひご覧いただきたいと思います。

次回はいよいよゴールデンウイーク。5/2日.3日.4日。そして9日と10日に東日暮里(区立日暮里南公園前)と弊社モデルハウスを会場にして見学会を開催させて頂きます。
様々なイベントを準備しております。GWの一日、皆様とお会いできることを楽しみにしております。

三浦新一
リバティホーム


池江璃花子さん、世界選手権へ!

(2015.04.21)

こんにちは、リバティホームの三浦です。

今日もまた、嬉しいご報告がございます。
弊社が4年前にお引渡しさせて頂いたOBの池江様の次女・璃花子さんが、水泳の世界選手権の代表選手に内定したのです。

ニュース等でご存じの方もいらっしゃるとは思いますが、璃花子さんは小岩四中の3年生で、先日の日本選手権の50メートルバタフライで優勝! そして自由形の50.100.200メートルでそれぞれ中学新記録を更新して3位に入賞したのです。派遣標準記録を破れなかったため、残念ながら個人の代表は逃しましたが、それでも400メートルと800メートルの自由形リレーの選手に選ばれたのです。

中学生の大会ではありません。全世代での日本一を14歳で成し遂げたのです。しかも中学生での世界選手権代表は14年ぶりという偉業です。
この嬉しい知らせにいてもたってもいられず、早速激励の訪問をさせて頂きました。
e0178935_1913089.jpg
e0178935_1913654.jpg
お会いした璃花子さんはとても聡明なお嬢様でした。
かわいい笑顔でニコニコお話しさせて頂きましたが、水泳の話になると表情も一変。これから世界を舞台に戦っていく厳しい表情でした。

「2016年のリオオリンピックで代表になること。そして2020年。東京オリンピックの時は二十歳です。自由形とバタフライの両方で勝ちたい」と語る璃花子さんの目標をしっかりと見据える目は、私にも「これが世界に出ていくアスリートの目なのだな」と感じさせるものでした。

璃花子さんはなんと1歳半で逆上がりを。5歳で全種目50メートルを泳げたそうです。これには「幼児教室」の代表を務められるお母様の熱心なご指導があったそうです。
地元小岩、そしてお施主様の娘様でもある璃花子さん。これから世界へと羽ばたく璃花子さん。私もリバティホームも全力で応援します。がんばってください!

三浦新一
リバティホーム


2015年度きたえるーむ全国大会 in 札幌

(2015.04.18)

こんにちは、リバティホームの三浦です。

4月14日、弊社介護事業部きたえるーむFC本部のある北海道は札幌にて、全国の加盟店が集まる【きたえるーむ全国大会】が札幌プリンスホテルにて開催されました。

ヤマチユナイテッドグループの山地代表のご挨拶に始まり、2015年度本部方針の発表、店舗からの症例発表やアワード表彰、そして特別講演という内容でした。

e0178935_1015508.jpg

e0178935_1016830.jpg

本部方針の発表では、2014年度のきたえるーむ新規利用者数が3200名様となり、利用登録者の推移としては累計で6000名を越える状況にまで成長しているとの事。またフランチャイズも全国に大きな広がりを見せており、開業準備中を含むと全国に88店舗が展開しているという報告もありました。

また店舗からの利用者様改善症例の発表では、多くの利用者様が元気になっている様子が発表され、ますます介護事業「きたえるーむ」の重要性を再認識する機会となったのです。

それぞれの地域に密着した形で展開しているきたえるーむは、今後もますます医療と介護の連携を深める必要性があります。私自身も大きな手ごたえと利用者様の期待を強く感じておりますので、地域の皆さまとの共生、地域貢献を会社の使命のひとつと捉えて、今後も取り組んでまいります。

三浦新一
リバティホーム


4月13日(月)発売のプレジデントに掲載されました

(2015.04.16)

こんにちは、リバティホームの三浦です。

大手に勝つ!
弱小工務店連合「ジャーブネット」の秘密
e0178935_9291929.jpg

月曜日はいつもより早く、自然に目が覚めてしまいました。楽しみで仕方ありませんでした。私が20年以上も前に業界に入った時に、「いつかは大きな経済誌に載るような会社にしたい」と思っていたことが実現したのです。

さっそく紙面を広げてびっくりしました。
想像以上に大きなスペースを割いてくださっていること、そして私と常務の斉藤の顔写真も大きく掲載されているのです。

e0178935_9293452.jpg

朝から食い入るように読みました。

簡単にご説明させて頂きますと、工務店の数は、ここ10年で10万軒から5万軒と激減している厳しい時代です。しかし私どもも加入しているジャーブネットは会員企業320社を数え、累計頭数は11万棟以上。日本最大のホームビルダー集団となっております。その成り立ち・秘訣など、また大手が仕様を標準化していることに対して、自由設計ができることや認知度について記載されています。

ジャーブネット永代ビルダー塾で師範代を務めさせて頂いていることなどから、リバティホームにも取材のお話しが参りました。

記事の中では弊社の斉藤が「もしもうちが大手に引けを取るものがあるとしたらネームバリューだけです」と力強く語っています。このような社員がリバティホームを支えていることを、とても誇らしく感じます。

今後も多くの媒体さんに取り扱っていただけるよう、堅実さとアイディア、そしてもちろんお客様のご満足のために邁進してまいります。

ありがとうございました。

〇プレジデント。
 1963年4月、米国Time Inc発行「フォーチュン」と提携して月刊誌として「スタート。2000年2月に月2回刊に。ビジネスパーソンへの情報誌として多様な記事を扱い、評価の高い雑誌。25万部の発行。

三浦新一
リバティホーム


安心工務店に掲載されました

(2015.04.08)

e0178935_1433587.jpgこんにちは、リバティホームの三浦です。
お陰様で今年も「全国安心工務店・関東版」に掲載して頂きました。これは全国安心工務店選定委員会様が毎年発行しているもので、「小規模でも技術に自信をもち、地域に密着した、親しみやすい建築業者」が選出されています。

この「安心工務店」は単なる会社紹介を集めたものではなく、読みながら家づくりの知識なども身についていくしっかりした構成になっていますので、読み物としても楽しめる一冊です。

e0178935_1431296.jpg
関東版には61社が紙面を飾っており。わが社も地域密着の高い技術力を土台にした家づくりが評価され、その中の一社として掲載して頂きました。

「我が家の気持ちで家づくり」の気持ちを大切にしていること。
狭小地や変形地を得意とし、専属の棟梁さんによる安心の施工体制を実現していること。基準以上の基礎工事や、標準化した省令準耐火構造。
充実したプラン集などの冊子、毎月の見学会など、弊社が実行していることが丁寧に書かれています。

特に「立ててからも安心であるために」の項目は大きなボリュームになっております。その中でも引っ越し後30年までの定期点検を実行していることは、61社の中でも目立った、大きな特徴と考えております。

小規模ながらも頑張っておられる61社。その1ページ1ページを、時間をかけて読ませて頂きました。それぞれの会社様のもつこだわり、土地・風土に合わせた施工の違いなど、様々な違いがあれど、目指すところは同じなのだと感じます。

次の一年、安心の施工体制をより充実させ、また来年も掲載して頂けるように
努力してまいりたいと思います。

4月2日に発行され、1200円+税で書店・通販でご購入可能です。

三浦新一
リバティホーム


平成27年入社式

(2015.04.05)

こんにちは、リバティホームの三浦です。

桜咲き誇る晴れ渡った4月2日の朝。
ことしもリバティホームは希望と意欲に燃える若者をお迎えすることができました。

今回入社されたのは、佐藤匠(たくみ)さん。大学院で設計を学び、その道のエキスパートを志している、目的意識をしっかりともった青年です。配属はもちろん設計部。設計部で初めての新卒社員ということもあり、お迎えする方も万全の準備を整えました。

緊張の面持ちで入社式に臨まれた佐藤さんからは、全社員を前に「初めまして佐藤匠です。わからないばかりで不安な面も多いのですが、一つ一つしっかりと進んでいきたいと思います。よろしくお願いいたします」と力強く挨拶して頂きました。
私からもその意欲にお応えして、僭越ながら社員章を真新しいスーツの襟につけさせていただきました。

e0178935_9454682.jpg
e0178935_946357.jpg

しばらくは学生から社会人へと大きく変わった環境への対応でご苦労されることでしょう。
先輩や上司の方々とのコミュニケーションをとりながら、焦らずに社会人として、リバティホームの一員として、慣れて頂きたいと思います。

そして仕事はもちろんですが、よく食べよく遊びよく学び、バランスのよい充実した社会人生活を送ってください。
5年後10年後、リバティホームの中核になって下さることを楽しみにしています。

がんばってください!

三浦新一
リバティホーム


三月現場見学会ご報告

(2015.04.02)

こんにちは、リバティホームの三浦です。

春らしい柔らかな陽射しの下で、3月度の完成現場見学会が無事に終了いたしました。
e0178935_1661852.jpg

e0178935_1675492.jpg
市川市平田と江戸川区葛西の2会場は、ともに工夫をこらしたこだわりの家でしたので、会場でお迎えする担当者も朝から気合が入っておりました。特に葛西会場は、お施主様の方から「見学会で使ってください」とご提案して頂くほどご満足いただけたものです 。

本職の大工さんがご家族のためにこだわりぬいた平田会場では、2階の吹き抜け、そして反対側のバルコニーの解放感あふれる作りに感嘆の声が。
一方の南葛西会場では、無垢材の感触を確かめながら19.8帖の屋上へ。すべてのフロアを広く作った贅沢な間取りに「部屋をいくつもつくるのもいいけれど、こういったやり方もあるのね」とヒントをつかまれたお客様の姿もありました。

お陰様で2日間、大変充実した春の見学会となりました。

次回の見学会は4/11.12の土日に小岩の弊社モデルルームで開催させて頂きます。
インナーバルコニーを実現した広々のトップライトリビングの第一モデルハウス。天井高いリビングに更には閉塞感を感じない充実の2.5階の第二モデルハウス。

敷地や生活形態に合わせた多種多様なプランを、弊社一級建築士がご相談に応じます。
駐車場もございますので、春の日差しの中、ドライブがてらお出かけになってみてはいかがでしょうか。

三浦新一
リバティホーム


資料請求

リバティに行ってみよう!

モデルハウス・ショールーム来店予約

アーカイブ

家づくりについて調べよう!

小冊子プレゼント
お問い合わせ

家づくりの生情報を知ろう!

読まないで家を建てたら、悔しくなる!
→バックナンバーはこちらから