トップページへ戻る 0120952900
小冊子プレゼント 全面リフォーム
0120952900
menu

社長ブログ 9月2016

月間SmartHouse

(2016.09.30)

こんにちは、リバティホームの三浦です。

「月間SmartHouse」様に掲載していただきました。SmartHouse誌は、住宅建築商材とエネルギー機器の専門誌で、業界でも愛読されている月刊誌です。

今回の特集は「ZEHを担うのは誰だ」の東日本編と題して、都道府県別にZEH対応に力を入れているビルダーさんが紹介されています。

e0178935_930292.jpg

ZEH(ゼッチ=ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、2030年の標準住宅として、気密性・断熱性を高くし、かつエコ機材で消費エネルギーを減らし、それでも足りない分を太陽光エネルギーなどでカバーする住宅のことです。

リバティホームでも6月にZEHビルダー登録をいたしまして、2020年には完工物件の50%をZEH対応にする計画を立てています。

今回のランキングは
・ZEHビルダー登録済
・地域型グリーン化にも参画
・年間新築実績300棟未満
以上のデータをもとに算出されています。

リバティホームは東京地区で3位という、高い評価をしていただきました。

これまでの実績や、今後の方針を評価していただいたものと思います。
今後は2位、そして1位を目指して取り組んでまいります。

三浦新一
リバティホーム


9月見学会報告です

(2016.09.26)

こんにちは、リバティホームの三浦です。

9月19(土)、20(日)、21日(月)の三連休で、秋の見学会を開催いたしました。
今回は完成現場ではなく、3階建てと2階建ての両モデルハウスにての開催となりましたが、お陰様で25組ものお客様にご来場頂きました。誠にありがとうございました。
あいにくの雨模様の三日間となりましたが、ホームページをご覧になってのお客様も多く、遠くは上尾、川口からもいらっしゃいました。

e0178935_17135093.jpg

やはり狭小住宅を得意とする会社さんは少ないのでしょうか。こうして遠方よりご来店くださいますお客様と接しますと、皆様がリバティホームに求めているものは何なのか? リバティホームの強みは何なのか? と改めて確認することができます。
私もモデルハウスやショールームなど、お打合せの最中のお客様にご挨拶させていただきました。

 そんな皆様に、ぜひご参考にして頂きたいのが、私たちの2種類のモデルハウスです。限られた敷地を活かす3階建てと、コスト重視の新提案2.5階建て。 どちらも魅力ある工夫をたくさん込めて設計されたモデルハウスですので、今後もより多くの方々にご活用頂ければと存じます。

次の見学会は10月15、16の土日になります。季節の変わり目で体調を崩しやすい季節ですので、体調にお気を付けくださいますよう、よろしくお願いいたします。

三浦新一
リバティホーム


現場勉強会、木工事完了編

(2016.09.21)

こんにちは、リバティホームの三浦です。

9月10日の土曜日、現場勉強会の木工事完了編を開催致しました。弊社でも大変人気のある人気のあるこのイベントは、
?地盤・基礎工事編、?構造・断熱編、?内装・木工事完了編を実際に建築中の現場をお借りして、家づくりへのご理解を深めていただくものです。

今回はいよいよ木工事完了となりまして、これから内装に進んでいく段階です。
最初の地盤・基礎工事編から休みなく参加された方も多く、今回も大盛況のイベントになりました。

e0178935_2045822.jpg

現場監督の末永、そして一級建築士の粟津から細部にわたっての説明をさせていただきました。クロス張りの職人さんの実演には感嘆の声も。
二枚のクロスをくっつけて張り、接合部分が見た目で分からないようにする技術は、参加者の皆さまも楽しみ、そして理解していただけたものと思います。

恒例の「実体験」では、皆様にクロス張りを体験いただきました。やるとみるとは大違い。和気あいあいと楽しまれながら、家づくりの大切な工程に触れていただくことができました。

次回は11月頃の開催を予定しております。
新たな現場をお借りして、地盤・基礎工事編からのスタートとなります。皆様のお越しをお待ちしております。

三浦新一
リバティホーム


パナソニック工場を見学してきました

(2016.09.14)

こんにちは、リバティホームの三浦です。

8日と9日の二日間にわたって愛知県額田郡のパナソニック電工さんの幸田工場を視察してまいりました。

今回は従来の陶器ではなく、樹脂で創られている「アラウーノ」の製造工程です。
会議室で研修を受けた後、工場内に入りました。

e0178935_21393475.jpg

工場内には一日の目標が張り出されてあり、床には埃一つありません。従業員の皆様がテキパキと集中して仕事にあたる姿は感動すら覚える、清潔感と強い意志の空間でした。

従来のものよりも軽くなって、女性でも持ち上げられるものとはいっても、やはり一歩間違えると大けがにつながる仕事場です。慎重に丁寧に仕事が進められていました。
そして何よりも「良いものを作る」という意思がそこにはありました。
集中するときは集中して、休む時は休む。とても効率のよい仕事現場です。

e0178935_21392824.jpg

そしてまた、今回の見学では、本当にこちらが恐縮してしまうくらいの接遇をいただきました。十分すぎるほどの接し方でありながらも、決して行き過ぎていない自然なご対応をしていただき、帰りの電車では「どうしたらこのような接遇ができるのか?」。同行した斉藤や粟津とも話し合いました。

住宅と設備、作るものこそ違いますがその工程、理念はこれからのリバティホームに本当に参考になりました。

同行したカラーコーディネーターやリフォーム部員も多くの刺激を受けたようです。
どのような思いでこのトイレが作られたのか。そういったことまで踏まえて、今後もより良いご提案をさせていただきたいと思います。

三浦新一
リバティホーム


第41期経営方針発表会

(2016.09.10)

こんにちは、リバティホームの三浦です。

9月5日、今年も新しい年度の開始とともに、「年度経営方針発表会」を開催いたしました。
社員全員はもちろん、来年度の新卒入社を予定している学生さんもお招きして行われるものです。

e0178935_1116145.jpg

今年は50周年、そして第三創業期ということで原点回帰の年ととらえ、「経営理念」を以前のものに戻しました。

住まいを通じて社会に貢献し、
お客様に豊かな住まいを提供することをモットーとし、
経営基盤の安定と社員の生活安定向上を期する
同志的結合体であることを社の理念とする

今後も険しい道、難しい問題とも多く出合うことでしょうが、創業の原点を立ち返り、経営理念という根幹の部分を振り返りながら進みたいと考えております。

半世紀企業から100年企業へとステップアップするためには、これまで以上に優良ビルダーとして頑張っていくことが必要です。そのために社員全員が活動の根底として意識にとどめてほしい大切な理念となるのです。

e0178935_1116598.jpg

 発表会では全員で40期を振り返り、そして41期の目標を発表し合いました。
9月から始まった大切な41期。そして50周年のメモリアルイヤー。社員一丸となって、地域のために・お客様のためにお役に立ってまいる所存です。
皆様のこれまで以上のご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

三浦新一
リバティホーム


資料請求

リバティに行ってみよう!

モデルハウス・ショールーム来店予約

家づくりについて調べよう!

小冊子プレゼント
お問い合わせ

家づくりの生情報を知ろう!

読まないで家を建てたら、悔しくなる!
→バックナンバーはこちらから