トップページへ戻る 採用0120952900
小冊子プレゼント 全面リフォーム
0120952900
menu

リバティホームでは2020年までにZEH普及目標を50%以上に設定しています。(補助金70万円あり)

ZEHとは

ZEHとはネットゼロエネルギー住宅の略称

住まいの「一次エネルギー(冷暖房・給湯・換気・照明)消費」をおおむねゼロにすること。

気密性が高く、使用エネルギーが少なくて済む断熱性の高い住宅

使用エネルギーが少ないので省エネルギーになる

使用するエネルギーは住宅に取り付けた太陽光発電など、創るエネルギーで賄う

※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます

補助金は70万円
ZEH普及のために、国から補助金の制度があります。

補助対象:自ら居住する専用住宅

詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。

お電話:0120-952-900

なぜ?

今年の春からZEHビルダー登録が始まり、2020年には新築住宅での標準化。
2030年には新築住宅のすべてをZEHにするという指針が発表されました。
リバティホームではこうした社会情勢の変化にもしっかり対応し、良質な住宅を供給することで、地域や社会そしてお客様に貢献していきたいと思っています。

国内においての省エネルギー化は、政府の、そして国の最重要課題の一つとなっております。
そこでこれまでの「省エネルギー」に加え「創エネルギー」を導入し、自宅で消費するエネルギーより自宅で創るエネルギー量が多いZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)の暮らしが注目されています。

政府は2020年までにZEHを標準的な新築住宅にすることを目指しており、リバティホームでも国益を守るべく、ZEH対応を進めています

※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます

狭小住宅のZEH

ご承知の通り東京では狭小住宅が多く、太陽光を設置できるスペースも限られています。
5.5キロの太陽光の積載量があれば大丈夫との試算があります。
敷地10坪あればなんとかなる計算になるのですが、もちろん建て方によって変化します。
積載できてもギリギリ、もしくは足りない物件もありえます。
その場合に考えるのは「エネルギーを使わない家」になります。

例えば高効率の設備機器の導入(エコジョーズ゙やエアコン)
そして何より住宅の断熱性と自然にあふれるエネルギーを取り込むデザインが必要なのです。
そうやって使うエネルギーを減らして使う分だけエネルギーを作る住宅がZEHという家になります

リバティのZEH

間取りの制限のない、工務店ならではの自由設計によるZEHの提案を行います。
先ほど述べましたが、エネルギーを使わない、取り入れる住宅のデザインはZEHにとって必須項目です。
そのためにはその地域に合わせて間取り、プランニングができなければなりません。
リバティホームには城東地区で50年間住宅事業に携わってきた実績と経験があります。
この地域特性を生かしたZEHをご提案させていただきます。

実績
2016年度目標 ZEH 2% NZEH 4% 合計6% 実績ともに0%
2017年度目標 ZEH 4% NZEH 8% 合計12% 実績ともに0%
2018年度目標 ZEH 6% NZEH 10% 合計16% 2%
2019年度目標 ZEH 6% NZEH 18% 合計24%
2020年度目標 ZEH 10% NZEH 40% 合計50%
資料請求

リバティに行ってみよう!

モデルハウス・ショールーム来店予約

家づくりについて調べよう!

小冊子プレゼント
お問い合わせ

家づくりの生情報を知ろう!

読まないで家を建てたら、悔しくなる!
→バックナンバーはこちらから