トップページへ戻る 0120952900
小冊子プレゼント 全面リフォーム
0120952900
menu

きずな 2011年2月

(2011.11.30)

自由設計のリバティホーム:木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店(東京都江戸川区・葛飾区):OB建主様参加「家守りの会」設立

◆完成してからが本当のお付き合い(協力して住まいを守る)

お客さんと二人三脚で話し合いながら建てる注文住宅は、つくっているときから自分たちの家も同然の思い入れがある。それを地域ビルダーの使命として建てた後もずっと見守っていく、完成してからが、本当の付き合いの始まりだから

三浦 新一(新建ハウジングより)

家庭人として最大の高額な買物が土地や建物ですが、ほとんどの方が物件と生命を担保にし(生命保険に入り)資金の大半を住宅ローン借入を起こして個人として最大級の事業に挑戦し、住まいをお造りになります。
新築や大リフォームは一生で一、二度ですが建築業者は規模によって年間数棟から一千棟を超える棟数を建てる業者迄様々です。正直精神的に惰性化する現象が否めません。業者も自分の家を建てる事が当然有りますが自分が直接担当したお客様の建物数十棟などと比較して自分の家の時が一番一生懸命だったのでは申し訳ない。完成後も自分の家は大事だが建主様の家は売りっぱなし建てっぱなしで何かあったら何か言ってくるだろうでも申し訳ない。そこで弊社では常に気持ちを引き締める為に「我が家の気持ちで家づくり」をスローガンにして毎朝全社員で唱和しており自戒に務めております。
アフターメンテナンスについても専門の担当者が定期的にお客様の御宅を巡回して状況をお伺いしております。
更に注力を高め今迄10年の定期点検期間を30年に延長し、住宅が長期間使用に耐えられる様になってもメンテナンスがおろそかでは家は長く持たない。手入れをする事で愛着も育つしそれによりより長く家が持つ。そうしたお手伝いをする事がストック時代の住宅業界の役目でもあります。これからもOB客様と協力して「家守りの会」を充実・発展させて行きたいと念願しております。どうぞ宜しくお願い致します。

三浦 新一

自由設計のリバティホーム:木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店(東京都江戸川区・葛飾区):住宅専門月刊誌「TACT」12月号で紹介されました!

リバティホームの業績がハウスメーカーを含めて都内では上位19位と昨年発表した「TACT」の住宅産業研究所さんが今回弊社の集客方法をホームページによる所が大であると発表されました。
(1)土地面積22坪以下の狭小地に特化
地価の高い都内及び隣接地では自然的に狭小地に建てざるを得ないのが現実です。
私共では狭小地と云うより「都市型住宅地」としてとらえてこの「狭い土地を活用次第で大きく活かす」事にベストを尽くしています。
この姿勢が建主様のご御支持を頂いてお陰様でこの不況下においても前々期、前期、今期と業績を伸ばさせて頂いております。
土地の最大活用法として木造3階建の比率は60%、又2世帯住宅は35%~40%となります。建替比率は65%です。地価が下がっておりますので土地からの若い方も増えております。
本社近くのモデルハウス2棟もお客様の参考に大変役立っております。
(2)インターネットからの受注に強み
今から数年前にこれからはチラシ集客からインターネット集客に主力が変わると情報を得て、正直手探りで始めました。
効果が挙がる迄試行錯誤を重ねましたが今ではインターネット集客が主力で年間アクセス数3万件、年間問い合わせ数400件~500件、成約件
数20棟位です。
ホームページを御覧になるキーワードは「狭小住宅・3階建・2世帯住宅」等です。
それから毎月行っているモデルハウスとお施主様の新築現場をお許し頂いての「公開見学会」にお越し頂き、次いで営業担当者との御話合いと云うのが流れの多数です。
「観るだけでも良いのですか?」と気をつかわれる方もいらっしゃいますが、当然それで結構です。無理強いとか、しつこくするとかは決して致しておりません。それが弊社のカラーです。どうぞ御気軽に御越し下さい。御待ち致しております。


自由設計のリバティホーム:木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店(東京都江戸川区・葛飾区):ホームページや見学会にて弊社オリジナル小冊子をプレゼントしています!ホームページや見学会にて弊社オリジナル小冊子をプレゼントしています!

いつもきずなの中では「ひと工夫ふた工夫ある住まいづくり!!」のご紹介をしておりますが、今回はプレゼントの中でも人気のある小冊子をご紹介します。
20坪以下、狭小地に家を建てる!
この小冊子は江戸川区をはじめ城東地区では必読!
狭小地での家づくりのヒントが分かる。
狭小地に対する考え方も変わるかもしれません。
ご希望の方はお問合せください
フリーコール 0800-888-0101


自由設計のリバティホーム:木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店(東京都江戸川区・葛飾区):小学校の生徒机の天板交換サービス

社会に何か貢献出来ないかと考えた CMでおなじみになった「カンナ社長」が昨年多摩市立西愛宕小学校で5、6年生36名に木の持つ良さとモノを大切にしようと云うお話しをした後で「カンナ掛け実演」をして見せました。
 生徒達は「ワァー!つるつるになった!」
「キレイで気持ち良い!」と皆さんとても喜んでくれたそうです。
現在は大工さん達は機械カンナを用いているので、仕事でお客様の家に来た場合でも手カンナ掛けを目にする機会はほとんど無いと思います。ですから生徒さん達にとって木になじむとても良い体験になったはずです。

自由設計のリバティホーム:木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店(東京都江戸川区・葛飾区):小学校の生徒机の天板交換サービス

私共もジャーブネットの会員として良い事は続けと今実行計画中です。良い御報告が出来る事を自分達も楽しみにしております。
どうぞ御期待下さい。

三浦 新一

自由設計のリバティホーム:木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店(東京都江戸川区・葛飾区):住まいの住マイルアドバイスNo.16

「こんにちは」と玄関を開けたら、靴がいっぱい、傘が何本も置いてあって、何人家族かな?とビックリなんてことありますよね。玄関にゴルフバックまで置いてあり、出入りがしにくくみっともないものです。玄関収納を考える前に、玄関にあるべきもの、必要なものを見直します。靴・傘・スリッパ・スポーツ用品・はんこ・コート・靴のメンテナンス用品などの数や大きさを調べ、必要のないものは他の場所に置くか、おもいきって捨てます。玄関の収納物はできるだけ表に出ないように計画します。4人家族として、高さ2.1mのシューズクローゼットの時、幅90cmで靴約45足、120cmで靴65足+ゴルフバック、180cmで靴55足+コート、傘、スリッパが目安です。コートの収納は、幅60cm、高さ160cm、奥行き350cmで4着収納できます。幅35~40cmの空間があるとゴルフバックやスキー道具、ベビーカーなどを入れることができます。基本は帰ってきたときにシューズクローゼットにこまめにしまうことですね。


自由設計のリバティホーム:木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店(東京都江戸川区・葛飾区):2010年間ベストカーペンター賞
昨年、住宅産業塾の研修に参加させて頂き、優れた現場の基盤となる「現場きれい」を学び、これを推進して参りましたが、山崎親子は積極的に研修に参加し、更に、学びを現場で実践することで他の大工さんに良い影響を与えてくれました。
また、お施主様への気配りや提案、礼儀礼節を大切にしながら、各協力業者さんにも気を配り、スムーズで正確な現場づくりをしてくれました。

山崎国広 大工(左)
山崎慎也 大工(右)
自由設計のリバティホーム:木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店(東京都江戸川区・葛飾区):2010年間ベストカーペンター賞
弊社とお付き合いのある協力業者さんの中では最古参で、社歴も昨年で創業50年を迎えられました。また、弊社社長とは古くからの友人であり、互いに切磋琢磨される仲です。
現場では大工さんや現場監督からの要請に迅速に対応していただきました。
コストダウンや常に時流にあった商品提案により弊社の商品力アップに貢献するなど、数え上げれば限りがないほど弊社とは切っても切れない大切な協力業者さんです。

スパリア商社
谷口社長(右)と
中村次長(左)

資料請求

リバティに行ってみよう!

モデルハウス・ショールーム来店予約

家づくりについて調べよう!

小冊子プレゼント
お問い合わせ

家づくりの生情報を知ろう!

読まないで家を建てたら、悔しくなる!
→バックナンバーはこちらから