トップページへ戻る 0120952900
小冊子プレゼント 全面リフォーム
0120952900
menu

きずな 2011年4月

(2011.11.30)

自由設計のリバティホーム:木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店(東京都江戸川区・葛飾区):東日本大震災 謹んで御見舞申し上げます
目を覆う大惨状、被災者の方々になんと言って励ましたり慰めたりしたら良いのか言葉に窮します。
私たちが支援させて頂く事は限られており申し訳ない気持ちで心が痛みます。
そして私達の会社でも残念ながら大きな被害を受けたスタッフがおります。
岩手県山田町に実家が有る施工部部長の西川はご両親と連絡が取れなくなっていました。車で2時間位離れた所にお住まいの西川のお兄様が必死で探されたが見つからず途方に暮れていたところ、母様のご遺体が発見されたと言う知人からの知らせを受けて確認致しました。依然、お父様はご不明のままです。
謹んでお悔やみ申し上げると共にお父様の行方が一日も早く判明する様に祈るばかりです。
私も西川の結婚式の時にご両親にお会いしました。我が子に対する愛情の深さに感銘致しました。その後、お父様から息子を頼みますと何度も力強い筆字のお手紙を頂きました。西川の実家は海から3分位の所に有り、建物は壊滅しました。6mの防波堤も今回ばかりは役に立ちませんでした。
西川は幼少時から津波の怖さを教え込まれており、そのご両親ですからいち早く避難されたはずです。事実、津波の被害を受けず無事だった避難所のそばに毛布を積んだお父様の車が発見されており何故そのまま避難所に入られなかったのかが悔やまれます。
3月24日現在、被災のため親戚の方も動きがとれずお兄様との二家族だけでお母様の密葬の為、西川は帰郷中です。ご冥福を心からお祈り致します。

三浦 新一

自由設計のリバティホーム:木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店(東京都江戸川区・葛飾区):疲れました。帰宅難民!
自由設計のリバティホーム:木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店(東京都江戸川区・葛飾区):三浦清孝後期高齢者2人連れ
25年前に新築させて頂いた葛飾区の小川さんに千葉県八千代市に持っている土地を売りたいので一緒に見に行って欲しいと望まれ、西船橋から5つ目の緑が丘駅から10分の土地を見ての帰途、駅近くで激しい地震に合いました。
東京よりひどかった様で即停電、電車不通、スーパーも即営業停止で店員さんもお客さんも避難所に連れだって向かっており私達もセンチュリーさんで見た物件の地価などを聞いて早々に避難所に向かいました。
小一時間経っても電気も点かないので少しでも東京に近づこうと津田沼行きバスに乗りました。ひどい渋滞で4時間掛かり駅員さんに聞くと今日は電車は走りませんと言われました。タクシーもホテルも絶望、10時頃ついに諦めて千葉工業大学が開放していると言うので向かいました。
開放教室は満員、やっと椅子に座ると若い人は机にうつぶせになって仮眠しているので自分もと思うが胸が痛くて駄目(後で考えるとエコノミー症候群か)ついに一睡も出来ず、翌日も始発が中々出なくて10時頃やっと帰宅しました。
(3/25記 2週間も避難所暮らしの方が大勢おられるのにたった一晩で音を上げるなど・・・反省です。)

三浦清孝
自由設計のリバティホーム:木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店(東京都江戸川区・葛飾区):佐藤憲大渋滞!横浜まで12時間
「電車が動いていない!?」一瞬で帰宅難民となった私は「車で帰ろう」と深く考えずに小岩から横浜にむけて午後4時に出発しました。
そして言問橋まで進んだ所で悪夢が始まりました。あり得ない程の時間を費やしながら、銀座、日比谷と進みました。途中、目に入る歩道には隙間の無い人の波が延々と続き、とても現実の光景とは思えませんでした。
大勢の人が周りにいるのに、孤独でとても長い時間が続きました。けれど被災地の事を考えると我慢が出来た車中でした。
ようやく横浜に着いたのは、翌朝4時過ぎで出社を考えると時間がありません。とりあえず1時間寝て、6時には再びハンドルを握っていました。そして隅田川を直前にして悪夢の再現が始まり、蔵前橋通りに入ったのは午後でした。朦朧としながらも意地で錦糸町まで進みましたが、ここでギブアップ。
付近に住む同僚に車を乗り継いでもらい、虚しさと共に帰路についたのは15時過ぎでした。 

佐藤 憲

自由設計のリバティホーム:木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店(東京都江戸川区・葛飾区):見学会のお知らせ

前回、3月の三連休に予定しておりました建物見学会はこの度の震災で自粛させて頂きました。4月度は予定より一週早めての開催となります。「制振工法大相談会」と銘うちました今回の建物見学会は南小岩の完成現場を含めた3会場です。
是非ご来場ください、会場にてお待ちしております。


自由設計のリバティホーム:木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店(東京都江戸川区・葛飾区):被災者の方に少しでもお役に立ちたい!!

自由設計のリバティホーム:木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店(東京都江戸川区・葛飾区):被災者の方に少しでもお役に立ちたい!!被災者の方を支援させて頂きたい、その気持ちは充分に先行して有るのですが、実行出来る事は限りが有って自分ながら充分感には達するものでは有りませんが、力相応の出来るだけの事をさせて頂く事が大事な姿勢ではないかと思い下記の様にさせて頂きました。ご報告申し上げます。
これも皆様方のお陰で黒字経営をさせて頂いているお陰と感謝しながら実行させて頂きました。
有難うございました。

自由設計のリバティホーム:木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店(東京都江戸川区・葛飾区):被災者の方に少しでもお役に立ちたい!!

○その他、被災地の交流ある同業会社、及び社内スタッフに対するものは除きます。
○社員一同では義援金を募り日本赤十字社へ送らせて頂きました。


自由設計のリバティホーム:木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店(東京都江戸川区・葛飾区):一寸先は闇か光か?

昔から言われている「一寸先は闇」はまさに今度の東日本大震災がそのものです。
今月号の「きずな」は重い現実に直面しての記事ですが、そこで少しでも明るい希望を「と光」を書きます。
皆様もお知りだと存じますが99才の詩人の処女詩集が爆発的に売れて100万部を突破しました。全くの素人詩人の異例の出来事です。
「くじけないで」42の詩の内、代表作「くじけないで」を紹介します。

自由設計のリバティホーム:木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店(東京都江戸川区・葛飾区):くじけないで
自由設計のリバティホーム:木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店(東京都江戸川区・葛飾区):一寸先は闇か光か?

自由設計のリバティホーム:木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店(東京都江戸川区・葛飾区):一寸先は闇か光か?弊社でも今「がんばっている」スタッフがいます。
営業部の金森裕亮です。
もうすぐ入社3年になりますが入社1年目と2年目は思うような成果を上げる事ができませんでした。それがこの半年で7棟と大成果を上げて爆進中、この業界では1年に6棟が平均ですのでいかにすごいかが分かります。
本人コメントは「特に2年目は苦しかったですが石の上にも3年という言葉を信じていつも良かった点、悪かった点を分析して次に結びつける。それがここ半年の成果に結びついたのではないかと思います。それと運が味方してくれたと思います。
この運を大事にしながら努力を惜しまず地域の皆様のお役に立ちたい」と語っておりました。私も期待しています。

三浦 新一

自由設計のリバティホーム:木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店(東京都江戸川区・葛飾区):カラーコーディネーター募集♪

自由設計のリバティホーム:木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店(東京都江戸川区・葛飾区):カラーコーディネーター募集♪弊社のカラーコーディネイト担当の木水が9月で定年退職になります。それで後任として1名補充する事になり今回募集しました所、予想をはるかに超える応募者があり驚きました。
78名の応募者の内50名が資格保有者(一級・二級建築士・インテリアコーディネーター等)で勤務会社の倒産・事業縮小の為、新しい職場を求められ且つホームページで弊社の業績や社風の方針を知っての応募、厳しい世相の反映を感じます。只今最終選考中です。新メンバーを迎えましたら宜しくお願い致します。


自由設計のリバティホーム:木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店(東京都江戸川区・葛飾区):スタッフジュニアの入園・入学
自由設計のリバティホーム:木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店(東京都江戸川区・葛飾区):スタッフジュニアの入園・入学今春に長女が幼稚園に入園致しました。今になって思うと生まれてきたのが、ついこの前のように思います。
最近の娘はとても好奇心旺盛で、料理、お絵描き、自転車、など何でも挑戦したがる活発な女の子になり、妻の言葉も真似るようになりました、私も娘から注意を受けることもしばしば。
これからもたくさんのお友達を作って、いっぱい遊び、明るくて思いやりのある子供に育ってくれればと思っております。

営業部 伊東 正剛
自由設計のリバティホーム:木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店(東京都江戸川区・葛飾区):スタッフジュニアの入園・入学私がリバティホームで営業になったと同時に娘は誕生しました。その娘も今年小学校に入学です。
振り返ってみると早いもので、子供と一緒に成長してきたように感じます。
これから娘は新たな環境にチャレンジします。私も娘に負けないように新たな仕事にチャレンジしていく所存です。

営業部 笹原 宣一

資料請求

リバティに行ってみよう!

モデルハウス・ショールーム来店予約

家づくりについて調べよう!

小冊子プレゼント
お問い合わせ

家づくりの生情報を知ろう!

読まないで家を建てたら、悔しくなる!
→バックナンバーはこちらから