トップページへ戻る 0120952900
小冊子プレゼント 全面リフォーム
0120952900
menu

きずな 2012年7月

(2012.07.15)
リバティホームOBの皆様と未来のお客様にお届けするお客様との輪づくり通信
自由設計のリバティホーム(木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店-東京都江戸川区・葛飾区):きずな
2012年7月号


自由設計のリバティホーム:木造住宅・二世帯住宅の建て替え工務店(東京都江戸川区・葛飾区):きずな6月号
目次
1.「ジャーブネット全国決起大会に参加して」
2.『納得住宅工房』様視察ツアー
3.〈第56回〉栄光会
4.施工例ご紹介



第13回年度方針「日本最優良ビルダーネットワークになろう!」
ジャーブネット主催の宮沢社長からの、力強い発表からスタートした第13回ジャーブネット全国決起大会が、今年も京都にて6月21日22日の二日間にわたり開催されました。今回は昨年の約1.75倍となる350社の参加となり、弊社からも社長の三浦をはじめとして設計部の栗津、プロデュース部より斉藤、伊東、金森、板間そして私の総勢7名で参加いたしました。
初日は開催にあたり、“手斧始め(ちょうなはじめ)”という伝統儀式で始まりました。今回は特別に「工匠の神様」と知られる聖徳太子ゆかりの広隆寺太子殿前にて、京都の数寄屋や寺社などの伝統建築工事に携わる大工棟梁で発足した、「番匠保存会」の皆さまよりご披露いただき、大変貴重でかつ荘厳な雰囲気の儀式に瞬きも忘れるほどに感激いたしました。

2日目も基調講演やパネルディスカッション、そして歴史的建築の視察ツアーを通じて日本建築の素晴らしさに触れることも出来ました。その中でも寺社建築を専門に行っている「奥谷組」の展示資料館で、宮大工の心と技の結晶ともいうべき継手・仕口を多数見学した際には、同じ建築業界に従事する人間として、1000年以上もの昔から脈々と受け継がれてきた日本建築の神がかり的な伝統技法を目の当たりにし、驚きを禁じ得ませんでした。この経験を更なる糧として、今後も「日本の家づくりを変える」永代家守り企業としての責任を改めて痛感した2日間となりました。

プロデュース部 伊東 和彦


先ずは会社での受賞です。

昨年に引き続き、最優秀賞を頂戴することができました。
これも地域の皆様方のご支援の賜物と感謝し、創業者の創業の気持ちを忘れず、今後も「家づくり」・「家守り活動」を通して地元に必要とされる会社となって参ります。

この時に知ったのですが、この一年間で8回、ジャーブネット会員の方々に向けて発表を行わせていただいたようです。このようにお話をさせていただく機会をいただくことにより、わたくし自身も自社について強み弱みを整理できましたし、初心に振り返ることができたと思います。
また、ご参加戴いた会員の皆様に少しでもお役に立ち、「日本の家づくりを変える」の一助になればと思っています。

最後のひとつはプロデュース部部長斉藤の個人賞です。

私から見て、斉藤は強引に売り込むのではなく、お客様の話を良く聞き、お客様の家づくりを我が身となり、提案、アドバイスをさせて頂いている事が、このような結果になったと思いますし、すべてのプロデューサーがこのような気持ちでお客様に接しております。

今後、弊社でも「家守り活動」をはじめ地域の工務店・ビルダーとしてお客様にお役に立てるよう邁進してまいります。



景気低迷のこの時代に、東海地区でお客様に
「喜んで頂く」「感動して頂く」ことを徹底追及する事で支持を集め、急速にシェアを拡大しているビルダー『納得住宅工房』さんに、その成功の極意を学ぶと題したツアーが開催されるとの事で、社長の三浦、設計部の栗津、プロデュース部の斉藤、伊東、そして私の総勢5名で早速参加して参りました。

工房、久保社長のお話では「当社が提供しているのはデザイン住宅ではないのです。お客様の喜びや楽しい時間をデザインする住宅、心に艶を与えるデザインを目指してきただけなのです。お客様に感動して頂き、生涯にわたり良いお付き合いをする。その為には手間を惜しまないことなのです。」と話されていました。
その言葉がそのまま社風となり、お客様への高いホスピタリティ(心のこもったおもてなし)へと繋がっているのだなとメモを取りながら強く感じました。
私たちリバティホームにも、『お客様のお役に立ち、喜んで頂ける家づくりのパートナーになる』という明確な経営理念があります。私自身も施工部(担当監督)という立場の中で、今まで以上にお客様お一人お一人との出会いに感謝し、家づくりを通じてお客様が居合わせ名時を感じて頂ける・・・そんな“ホスピタリティ”のできる建設サービス業を目指していかなければと心に誓いつつ帰路に付いた1日でした。

施工部末永嘉彦


ご存知の方も多いと思いますが、弊社では年4回を目処に”栄光会”を行っております。発足以来今年で14年目を迎えますが、会社主体で運営していた会も、今年からは業者さん主体となり、会長・副会長をはじめ安全部会や棟梁部会(下部組織図をご参照下さい)等に組織化されました。そのような中、初代栄光会会長に就任した国分木材の小川会長や各部会長のスピーチを聞きながら、以前にも増して全体の意識や取り組む姿勢が積極的になってきたことをひしひしと感じました。

「『家守り活動』を通してお客様からの《ありがとう》の声が春の草木のように自然に芽吹く事を夢みつつ、働く仲間たちと共に価値観を共有し、成長・発展していきましょう!」という弊社代表の三浦の言葉に、私自身も奮起されましたし、信頼できる居言う力業者さんとベクトルをあわせ一致団結すれば、必ずお客様の満足度を含めた城東地区一番店になれると信じております。

施工部早坂雄二




資料請求

リバティに行ってみよう!

モデルハウス・ショールーム来店予約

家づくりについて調べよう!

小冊子プレゼント
お問い合わせ

家づくりの生情報を知ろう!

読まないで家を建てたら、悔しくなる!
→バックナンバーはこちらから