トップページへ戻る 0120952900
小冊子プレゼント 全面リフォーム
0120952900
menu

「放射能汚染」に関する報告:石川生コン株式会社様

(2012.02.08)

先般より、住宅用コンクリートや住宅設備について生産拠点等の問題に起因する「放射能汚染」に関するニュースが
報道されております。
弊社リバティホームでも、取り扱い業者様にその安全性を確認し、お客様へのご報告が急務であろうと考え、
各協力業者様へ向けその報告をお願いしてきました。
そのような中で、弊社のコンクリートを扱っている石川生コン株式会社様より、取扱商品に関する報告がございましたので、
ここに報告させて頂きます。


平成24年1月17日付  株式会社リバティホーム宛
石川生コン株式会社 技術課
この度、平成23年3月11日に発生した東日本大震災で福島第一原子力発電所の被災による放射能物質の放出による影響が懸念されており、生コンクリートの各材料の影響について、弊社の見解をご報告します。
1、セメント・・・弊社は太平洋セメント㈱社製を使用しており、普通セメントの製造工場は、熊谷(埼玉)・上磯(北海道)です。
メーカーも第三者機関にて測定検査を行い、上磯工場は事故の影響を受けておらず、放射能は不検出で、熊谷工場においてもクリアランスレベルを確実に下回っており、大気中の測定値と同程度で健康に影響を与えるレベルではないと報告が来ています。
2、骨材・・・細骨材は陸砂と砕砂を(3:7)の割合で使用しております。陸砂は千葉県君津産、砕砂は栃木県佐野産です。
粗骨材も砕砂同様栃木県佐野産です。骨材に関しても、各業者が第三者機関に測定依頼し、不検出の報告が来ています。
3、練混水・・・金町浄水場の水道水を使用しておりますので問題ありません。
4、混和剤・・・山宗化学(株)・生産地は神奈川県藤沢、(株)フローリック・生産地は愛知県名古屋市。両社ともに事故の影響を受けていない場所ですので、各メーカーからは問題は無いと報告がきています。
結果、生コンクリートの原材料に関しましては、いずれも問題はないと思います。
(以上、本文より抜粋)


 
皆様におかれましてはご心配の方等もいらっしゃると存じますが、今後もよりご安心頂けますよう、協力業者様と共に安全な暮らしの実現のために対策を強化し、お客様への情報の開示に努めて参りますので、宜しくお願い申し上げます。


資料請求

リバティに行ってみよう!

モデルハウス・ショールーム来店予約

家づくりについて調べよう!

小冊子プレゼント
お問い合わせ

家づくりの生情報を知ろう!

読まないで家を建てたら、悔しくなる!
→バックナンバーはこちらから