トップページへ戻る 0120952900
小冊子プレゼント 全面リフォーム
0120952900
menu

東京都葛飾区細田 野村様 『25年間、思い続けたマイホームの夢』

25年間、思い続けたマイホームの夢 ついに実現、こだわりの数々・・・

東京都葛飾区細田 野村様 『25年間、思い続けたマイホームの夢』長年住み続けた家を解体しての、再出発

41年間住んだ家を解体したのは、昨年の11月17日・・・半世紀近い家の歴史に「さようなら」を言った瞬間でもありました。
さらに、12月の上旬には、地鎮祭を行い、建替え新築工事(実際は大型リフォーム工事
は始まりました。25年間抱いてきた夢を実現する出発となったのです。

この地に住んで半世紀・・・

解体した家は、昭和39年に購入しました。東京オリンピックの年です。
既に半世紀になろうとしています。
当時、主人は向島の会社勤めの精密機器旋盤工でアパート暮らしでした。
子供の出産を機に独立を決意し同時に家を購入することにしました。
細田地域には叔父さんも住んでいましたので、ツテを頼りに物件を探していたのですが、
そんな折、私の父の紹介で、今の家を買うことになったのです。
ちなみに、この家は千葉・中山の老舗料亭の隠居宅として建てられたということでしたが、
購入時はなぜか新築でした。
家の間取りも土地の条件もとても気に入りました。
広い庭もありましたが、こちらは、つぶして工場としましたが・・・。
今回の計画が進む直前に仕事をやめ、工場も30年の歴史を閉じることになりました。
現在はお二人のお子様も立派に成長され、夫婦で悠々自適の人生を謳歌しています。

25年前に抱いた夢・・・

冒頭「25年間抱いた夢」の話を紹介しましたが・・・
当時、私達夫婦共通のお友達がいました。その方が高砂で豪邸を建てられたのです。
今でもしっかりしているそうです。
本当に素晴らしいお家でしたと。そのお家の奥様が「夢を持ってそれを思い続けていると
必ず実現する」

確信をもっておっしゃられるのです。
この言葉に特に、私は影響を受けたといわれます。
そんなこともあって、細田の家を買ったころから心の内では、建替えを夢見ていました。
具体的計画としては、二人の子供が中学生になったころ・・・二人を大学出したら、家を
建てるとしっかり決意しました。
しかし、家を建てるといっても家が即仕事場でもありますから、結局、家を建てる時期は
仕事をやめる時期ということになります。
この間、二人の子供は大学を卒業され、大企業に就職したり、難関の国家試験に合格し
専門職に付いたこともあって、マイホームの夢実現に一歩近づいてきました・・・
この間、建売住宅購入も検討し、あちこち見歩きましたが、お気に入りの物件がまったく
ありませんでした。

栄光社建設に絞られた理由・・・

そうこうしている内に、突然、栄光社建設のS女性社員が訪問されました。
短時間の会話をして別れたのですが、その後、暑中見舞い、年賀状はもとより折りに
触れて心温まる「はがき」も時々届きました。
この熱心な対応の良さに私達はS女性社員を信頼しました。私達は、ここが地元ですから
知り合いの工務店も沢山いました。しかし、この経緯から建てるときは、栄光社建設の
S女性社員に頼もうということ-  この時点で業者を一本に絞りました。
それに細田には、栄光社建設による建築事例も多く、その中には知り合いもいました。
親戚の人もいてリフォームでしたが、とてもよくやっていただいたという話も聞きました。
知り合いで、新築されたTさんからは「ともかく最後の最後まで、一生懸命やってくれた。
信用のできる会社だ」
との評判も聞きました。
この地域に多くの栄光社建設で新築されたお客様がいることも安心の条件でした。

私達のこだわり

平成16年12月1日朝の事です。
どういう気象異変なのか。私達の住んでいる地域で、突然、突風が吹き荒れたのです。
そのため、トタン屋根が一部破損状態になってしまいました。
これを目にしたご夫妻は、「もはや猶予できない。1歳でも若いうちに建替えよう」ということになり、
話はとんとん拍子(?)に進みました。
とはいえ夢を実現することはそれなりの難関もあるものです。このたびの計画では
すべてそれを乗り越えられました。これもやはり「夢を実現しようという25年の思い」
あらゆる障害を乗り越えた力となったのかもしれません。


 

資料請求
関連記事