トップページへ戻る 0120952900
小冊子プレゼント 全面リフォーム
0120952900
menu

東京都葛飾区四つ木 上島様 『11坪 オール電化 狭小住宅』

オール電化で魔法のような暮らし

オール電化の狭小住宅建築計画

狭小住宅:東京都葛飾区四つ木上島様このたびの狭小住宅建築計画に当たりまして、オール電化を採用致しました。
オール電化住宅については、新しい安心快適の家というイメージがあって、インターネットで色々調べてみました。
技術面の知識もそうですが、特に栄光社建設さん(リバティホーム)で建てたお客様の体験談を直接伺い、オール電化住宅がどんなに素晴らしいのかを改めて知り、私たちもこれに決めました。
オール電化住宅とは、一言で言いますと、家庭内で使う熱源を電気でまかなうと言うことです。ガスは使わないのです。
給湯関係は、エコキュートという特殊な「熱湯作りの装置」を使ってお湯を作るのです。
空気中の二酸化炭素を取り入れて、ヒートポンプで圧縮して熱を作り、その熱で水を温めてを貯蔵するという装置です。お湯を作る時間帯は夜の11時から朝の7時までの深夜料金時間帯です。ガスの6分の1程度の省エネルギーになると言うことです。
確かに、一冬過ごして見ますと、全体の光熱費は、かなり節約になっているようです。ローコストです!
しかも、自然の空気を熱に変えるという技術には驚きで、環境問題にも貢献するエネルギーを使用していることに誇りを感じます。
お湯の使用量もとっても少なくすむのもまた特徴です。食器洗いはお湯を使いません。システムキッチンの食器洗い機を使っていますからお水です。だから手は荒れませんよ…お湯の使用はお風呂と朝の洗面くらいですかね。

IHヒーターは安心・安全・空気も汚さない魔法のヒーター

オール電化住宅のもう一つの特徴は、キッチンはIHヒーターを使用しているということです。
最近は大変に普及してきましたので、知る人ぞ知るということでしょうが、「火を使わないで調理する」というまるで魔法のヒーターです。
調理メニューはてんぷら、焼き魚はもとより高温が必要な中華料理、ステーキ、ハンバーグ焼き、お菓子などなど、まさに何でもOKです。いずれも失敗することなく完全な仕上がり。だれでも一流コックさんになれます。
私のことを言えば、これまで全くといっていいほど、料理などしたこともないのですが、先日、子どものおやつにホットケーキ作りに挑戦してみましたが、仕上げは、両面ともにこんがり狐色に出来上がり、お味も上々でした。皆大喜びでした。
家内に言わせれば、ハンバーグなども色よくしかも失敗なく中までちゃんと焼けるという事です。
それと火を使いませんので、火事の心配は全くありません。高齢の母と一緒に住んでいますが、一人でどんなに調理しても安心です。
それと、このIHヒーターは、ガスのように炎が出ないので、空気が何時も新鮮ですよ。ガスの場合は、点火すると室内の酸素を使って燃焼し、その結果二酸化炭素を室内に排出するということですね。決して健康にはいいものではない。酸欠状態とまではいかなくとも空気は汚染されますよね。
特に、今年は花粉が多いですからね。私も花粉症でとっても苦しんできたのですが、この家に住んでからとっても調子がいいのです。花粉症対策は空気の清浄化がこんなに影響するものかと実感しています。花粉症の方には、オール電化住宅は絶対お勧めです(笑)。
色々申し上げましたが、母も71歳、次女は小学校1年生、長女は中学3年生になります。
丁度いいタイミングで、快適・安心住宅のオール電化狭小住宅を実現できて、とても皆喜んでいます。
関係者の皆さんに紙上を借りて改めてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

資料請求
関連記事