トップページへ戻る 採用0120952900
小冊子プレゼント 全面リフォーム
0120952900
menu

東京都葛飾区で10坪の間取りでかわいいデザインの狭小住宅

2日間限定の見学会でも大人気!
34組ものお客様をお迎えした大人気プラン
「コンパクトでも狭くない」10坪ハウス

10坪=33㎡=10m×3.3m=5m×6.6m。コンパクトですが、狭くない10坪ハウスを実現させることは可能です。
建蔽率や道路斜線、北側斜線、防火地域など、さまざまな条件の中、10坪台の注文住宅を実現させた方は大勢いらっしゃいます。
更に敷地の形状も重要になります。長方形、台形、旗竿など……。
入り組んだ場所に多い狭小地ですが、その場合は足場が組めるか?工事車両が入れるか?などの問題も出てきます。
 
一方で、10坪でもその土地の持つ「強み」が存在します。
日の当たる方角・時間、近隣の状況など、敷地ごとに様々なポテンシャルが存在するのも確かです。
間取りはもちろん重要ですし、生活導線や目線を広くとるレイアウト、そして日当たりなどをうまく連動させれば、「コンパクトでも狭くない」家が可能になってきます。
一つ一つの長所を活かすよりも、それぞれの長所を連動させた間取りの方が、より快適になることでしょう。
 
必要なもの、そうでないもの。
お施主様のニーズを細かく聞き取り、さらにお施主様自身も気づいていらっしゃらなかった潜在的願望をもくみ取り、これをリバティホームの狭小実績に盛り込んで最適な間取りを実現します。

コンセプト

収納とお部屋のバランス、リビングに欲しかった「畳コーナー」、広々としたバルコニーなど、江戸川区や葛飾区で皆様が悩まれるポイントを解消する様々なアイデアが光る10坪注文住宅の成功事例

外観
正面からの迫力では、この敷地が10坪、建物の延べ床面積も15坪強だとはほとんどわからないのではないでしょうか?
白い外壁に映えるウッディな玄関ドアと同じブラウン系のポスト。外壁のコーナー部分にはレンガタイルを張り合わせて、複雑な形状をより際立たせています。
アイアンの飾りやフラワーボックスなど、洋風でありながらもどこか安心する外観は近隣の方々からも大好評でした。
1階

少しでも玄関ホールを大きく、明るく見せる工夫として、1階の洋室と玄関ホールは間仕切りドアで区切りました
通常は仕切りをオープンにして玄関を広く演出。
個室として使いたい時には、間仕切りでしっかりとクローズ。アイデアの勝利ですね。

2階 リビング

リビング部分にはどうしても欲しかった畳コーナーを設置。
この畳コーナーの良い所は、写真のように収納力の増加に繋がる事
おおげさに和室を造るのは嫌だけれど、ちょっとした畳コーナーは欲しいよね…というお客様にはぴったりのご提案です。
 

その他

バルコニーも奥行き1200mmのしっかりタイプ
マンションやアパートでは奥行きがなく「バルコニーは広めにしたい」というお客様は多いです。
また、トイレもちょっとしたデザインや工夫で、こんなに素敵なトイレになります。
ゲストが多いお客様の場合は、家族しか使わないトイレと、訪問したゲストに見せる(=魅せる)トイレを分けてお考えの方も、最近は増えました。
敷地が10坪でも、このように十分暮らしやすい家をつくることが可能です。

物件概要
敷地面積/10.02坪(33.13m2
建蔽率/60%
容積率/160%
その他/第一種住居地域
1階床面積/5.82坪(19.25m2
2階床面積/5.82坪(19.25m2
3階床面積/3.13坪(10.35m2
延床面積/15.27坪(50.50m2

施工例種別

外壁ツアーのご紹介