トップページへ戻る 0120952900
小冊子プレゼント 全面リフォーム
0120952900
menu

社長ブログ

第6期委員会スタート

(2020.06.27)

こんにちは、リバティホームの三浦です。

 

例年よりも二か月遅れましたが、今年も社内の委員会活動がスタートしました。

 

委員会活動は、社内を縦断する部署の垣根を超えた試みなのです。この活動も6期目。毎年のように驚くような企画、そして目立たないけれど地道な活動がありました。

 

これまでも委員会活動の中から、地域の皆さんと共にお祭りに参加、大掃除、社内イベントの盛り上げ、健康管理、意識の共有など、多くの試みがありました。

 

どうしても通常業務優先になり、頻繁に活動することは難しい面もあるのですが、社員が自ら考え、行動する場でもあり、会社・地域の活性化の一助になっていたと感じています。

 

今年は4月に新入社員3名を迎えました。

普段接することのない他部署のメンバーと場所を共有することによって、新入社員も含めて社内がよりよく回っていくことの礎になってくれればと考えています。


 モデルハウスの衛生対策

(2020.06.02)

こんにちは、リバティホームの三浦です。

 

日頃よりモデルハウスへのご来場、誠にありがとうございます。

 

 

新型コロナへの緊急事態宣言が解除されましたが、リバティホームでは引き続き感染拡大防止のために、以下の対応を続けてまいります。

 

・マスクの着用

お客様へのマスク着用のお願い。スタッフの着用義務

 

・打ち合わせスペースにおいて、お客様とスタッフの間に透明樹脂パーテーションの設置

 

・手指のアルコール消毒

 

また可能な限りお客様同士が同じフロアに・建物にいることがないよう、配慮いたします。

 

しばらくはご不便をおかけすることになりますが、お客様に安心してご来場、ご相談していただくために、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 

※備蓄分がなくなりましたら対応が変わることもございます。


リフォーム産業新聞に掲載されました

(2020.05.11)

こんにちは、リバティホームの三浦です。

 

先月になりますが、リフォーム産業新聞さんの取材を受けて、記事が

掲載されました。

記事では水回り4点セットが好調なこと、そして新築OB様からの受注が増えてきたことが紹介されています。

特に、お問合せいただいたお客様の九割で現場調査、そのうちの七割で成約をいただけているという高い打率を評価していただきました。

そして、1200棟の実績のある新築工事。多くのお宅が10年超となっていることで、家族形態も変化し、多くのリフォーム受注のお話があります。

また、新築のノウハウならではの大型改修でのご相談も増えております。

 

地域のホームドクターとして、新築からリフォーム、そしてアフターメンテナンスまで。目標としていた一連の動きを皆様に認知していただけたことを誇らしく思います。

 

 


信頼できる工務店

(2020.04.18)

こんにちは、リバティホームの三浦です。

 

ホームインスペクターの市村崇さんが発行する、工務店で「納得の家」を立てるに掲載されました。

 

市村さんは「施主・施工会社」ではない、第三者の目から会社・現場を見て、優れた点や問題点を研究するエキスパートとして知られています。

 

その中でリバティホームは、「大工と施工業者の技術と質の高さが光る優良工務店」として、見開きで掲載されました。

 

下請け・孫請けに回さない専属棟梁による自社施工のこと。断熱マイスターなどの有資格なことなどが書かれています。

 

他に掲載されている他社さんを拝見すると、それぞれの強み、お客様に信頼していただけるための多くの工夫を見ることができます。その中にはリバティホームがまだ取り組んでいないこと、考えてもいなかったことを多く目にすることができました。

 

私たちも、これからも外からの刺激をいただきながら進んでまいりたいと思います。


新卒社員を迎えました

(2020.04.05)

こんにちは、リバティホームの三浦です。

 

今年もまた、若い力を迎えることができました。

 

 

 

 

 

 

 

日本大学から古島匠さん。千葉経済大学から有村研磨さんの両名です。

 

3/31に行った入社式では、2人ともぎこちないながらもしっかりとした挨拶をしてくれました。

これからしばらくは研修で、社会人として、リバティホームの一員として、人間としてを学ぶ研修。そして現場研修などが続きます。お客様とのお打合せにも同行させていただくこともあるかもしれません。

住宅業界は覚えることも多く、「一人前」になるには長い時間がかかるといわれています。しかし、そ

れは成長を長く見守ることができることでもあります。それを楽しみに、今後を見守っていきたいと思います。

 

今年は例年よりも縮小した入社式になりましたが、二人の希望は例年以上に大きなもののように感じました。

 

昨年入社の岡田、一昨年入社の松田も、今ではすっかりたくましくなりました。先輩に追いついて、そして追い越して、充実した社会人生活を送ることを願っています。


TDYコンテスト優秀賞

(2020.03.31)

こんにちは、リバティホームの三浦です。

 

先日、表彰状が会社に届きました。TOTO、DAIKEN、YKK APさんが合同で主催している2019TDYグリーンリモデルセールコンテストの優秀賞・東京エリアコンテストのDAIKEN部門を獲得したのです。

 

 

 

 

 

 

グリーンリモデルとは、地球にやさしい家づくりをコンセプトにしたもので、メーカー商品の売り上げなども絡めての表彰です。健康配慮・長持ち住宅・CO2削減など、様々な条件をクリアした住宅を提供し続けていることが表彰の理由です。

DAIKENさんは内装の建材を主に利用しています。床材や内装の建具など、木造にこだわるリバティホームとも深くお付き合いがあります。

 

もちろん、TOTO、YKK APさんとも大きな取引があります。今後もお客様のお好みのものをご紹介できるよう、各メーカーさんと密に連携してまいります。

 

 


東京ガスさんからの表彰

(2020.03.17)

こんにちは、リバティホームの三浦です。

 

今年もまた、東京ガスさんから表彰していただくことができました。

 

電力小売り自由化とともに始まった、東京ガスによる電力供給。当社で新築された皆様でもこれを選択された方が多く、それに対しての表彰になります。

 

以前は東京電力さん以外の選択肢がなかった電力ですが、こうして異業種がどんどん参入してきて昔は「絶対」だったライフラインの業界も非常に競争が激化しております。その中で、どのようにして自社を選んでいただくのか。これは電力に限ったことでなく、当然私たちも抱えている命題です。

 

住宅業界でも、合併や買収、異業種の参入など、耳にしない日はありません。これまでとは異なったライバルが多く出現してきました。

そして今、本来ならばオリンピックを前に盛り上がっているはずが、世界全体が思わぬ困難に直面しています。この困難な状況の中で、私たちがどのように皆様のお役に立てるのか! 改めて見つめなおす機会とも感じます。

 

皆様もご自愛くださいますよう、お願い申し上げます。


二月見学会

(2020.03.09)

こんにちは、リバティホームの三浦です。

 

先月は22~24の三連休で、江戸川区大杉の三階建て住宅とモデルハウスでの見学会となりました。

 

おかげさまで今回も営業担当以外のものが現場に駆け付けるほどのイベントとなりました。

 

会社ではお客様も含め、全員がマスク着用、消毒用アルコールも用意したうえで、手袋着用も必須となりました。そのため、人数は多かったもののいつもより静かな会場だったように思います。

 

L字型の敷地を生かした間取りは、多くある長方形の敷地とはまた違ったもので、来場者に喜んでいただけたものと思います。

 

また、この会場は一昨年に新卒入社した松田の初めてのお引渡し邸、そして見学会会場でした。彼にとっても忘れられない時間になったことでしょう。「多くの方に見ていただいて嬉しかった。今後ももっと関わっていけるようにしていきたい」と報告してきた松田の目は、心なしか輝いて見えました。

 

次回は今週末と来週末に完全予約制と、規模を縮小しての開催となります。

 

 


最大規模のお宅訪問バスツアー

(2020.02.20)

こんにちは、リバティホームの三浦です。

 

2/16の日曜日。リバティホームで大人気のイベント、OB様のお宅を訪問するバスツアーを開催いたしました。

今回は過去最高の参加人数、そしていつも2現場のところを3現場に、そしてバスも3台と、あらゆる面で過去最大規模のイベントとなりました。

 

旗竿地にある、バリ島をイメージした、犬猫と暮らすおしゃれで楽しい二階建て。角地に立つ空間を重視した三階建て、上棟後に屋根や壁が付いた状態の、構造材が見える状態のお宅の訪問でした。

 

構造現場では大工や建築士、監督からの細部にわたる説明を。そしてそれぞれのお宅では、お施主様自らご案内してくださる場面も多く、参加された皆様にもご満足いただけたものと思います。

 

雨予報で心配でしたが、終わってみれば傘は不要で、暑くもなく寒くもなく、快適なツアーになりました。

 

 

 

 

 

 

増税後のツアーで過去最大の参加人数ということに驚きを感じる面もあるのですが、時節に左右されずにじっくり自分たちのペースで家づくりを進める方が多いのではと感じます。

 

このあとはこの週末に1回、3月に2回と完成現場見学会が続いていきます。

 

大勢の皆様にご来場いただけますと幸いです。


熊本NO.1ビルダー

(2020.01.18)

こんにちは、リバティホームの三浦です。

 

昨年末のことになりますが、熊本を基盤に九州で年間800棟という大きな力を持つシアーズホームさんにお邪魔してきました。リクシルさんの主催するビルダーネットワーク、ビルダーフォーラムの一環で、熊本を訪れたのです。

 

羽田から空路熊本へ。到着後、モデルハウスにラボ(アクタス)、そして本社を見学しました。アクタスは人気の高い北欧式の住宅に特化した展示場で、洗練された建物、内装、そしてインテリアなどを見学できるスペースで、オープンして3年ほどになります。

 

熊本といえば、数年前の大きな地震の被害があり、まだ完全に復興したとは言えない地域もあります。その中でシアーズさんは復興への意識、事業展開の速さで群を抜いて実績を残し、地元復興へ尽力するとともに、大きな成長を遂げたのです。

そして昨年四月、現在の本社の隣に新社屋を完成させました。4階建てで延床面積は4000㎡。ガラス面が多く、とても明るいオフィスでした。

 

各セクションからの事業展望の説明もあり、また丸本社長のスピーチでは、義理堅く気性の激しい県民性と言われる、火の国・熊本の皆様の企業らしさを感じました。

 

リクシルさんのビルダーフォーラムでは、こうして各地の事業者のエネルギーを感じることのできることが最大の成果と考えています。わが社に取り入れること。別の方法をとるべきもの。多くの情報を持ち帰ってまいりました。


愛知県の急成長ビルダー

(2020.01.10)

こんにちは、リバティホームの三浦です。

 

昨年末のことになりますが、愛知県稲沢市のアッシュホームさんを訪問いたしました。

 

創業が2013年と新しいながらも、すでに本社のほかに展示場など六か所(うちVR展示場二か所)社員数も60名を数えるほど急激に業績を伸ばしていらっしゃるビルダーさんです。

今回は各地の経営者が集まりました。そのため内容も経営者向けのもので、業績向上のために手を尽くしていることを紹介していただきました。

社長の小沢さんはまだ40代と若く、これまでの取り組みを聞くと、新しいもの古いものの両方をうまく取り入れ、創業以来急成長を続けている理由も納得するものでした。

 

会社が成長していくために、外部・地域環境に合わせた手法、ミスが少なくなる合理的で正確なシステム構築と運用、お客様・従業員の満足度の重視など、実際に考えて実践していることと、その成果を知ることができました。

 

社員のモチベーションが高いことは、出迎えてくださった皆さんを見ればわかります。

元気あふれる接遇は、とても気持ちのいいものでした。

 

2025年のジャスダック上場を目指しているとのこと。とても若い会社ですが、志をひとつにして未来へ向ける熱意、工夫を大きく感じることができ、私も大きな刺激を受けました。


謹賀新年

(2020.01.01)

あけましておめでとうございます。リバティホームの三浦です。

 

令和二年が始まりました。まだ「令和」という言葉に戸惑うこともあるのですが、もう二年目。世の中は着々と進んでおります。

今年は56年ぶりの夏季オリンピックが東京で開催されます。地元江戸川区もボート競技が行われる予定です。前回の東京オリンピックは私が生まれた翌年のこと。もちろん記憶にありません。当然地元でのオリンピックを経験することなどないと思っていましたから、とても楽しみにその日を待っております。

 

そんな中で、1966年創業のリバティホームは、今年11月に55年目に入ります。新築実績は1200棟を数え、リフォーム事業は年間300件と前進しております。

消費税が上がって数か月。まだ世の中の動きは鈍いということですが、今後も皆様にご満足いただけるようにするにはリバティホームとして何をするべきか。常に考え、ご要望に応えていきたいと思います。

 

この一年も皆様からの変わらぬご支援をお願いいたします。

また、皆様にとっても素晴らしい年になりますよう、祈念いたします。


1 / 5012345...102030...最後 »
資料請求

リバティに行ってみよう!

モデルハウス・ショールーム来店予約

アーカイブ

家づくりについて調べよう!

小冊子プレゼント
お問い合わせ

家づくりの生情報を知ろう!

読まないで家を建てたら、悔しくなる!
→バックナンバーはこちらから