家づくりの基本から暮らしの楽しみ方、資金計画・土地探しなどなど幅広いお役立ち情報をお届け!

絞り込み検索

月別アーカイブ

閉じる

2024.04.22 #家づくりのお金

葛飾区の新築一戸建てで活用したい「かつしかエコ助成金」

#家づくりのお金

東京都葛飾区が提供する「かつしかエコ助成金」は、太陽光発電システムや断熱改修などの省エネ・節電対策、電気自動車(EV)の購入など、環境に優しい暮らしへの取り組みを支援する助成金制度です。

ここでは令和6年度の概要をお伝えします。

 

1. 対象者と内容

助成金の対象者は、葛飾区内に居住する個人であり、戸建て住宅にお住まい(予定)の方が対象となります。

主な助成内容は以下の通りです。

 

■ 個人住宅

  • 太陽光発電システム: 最大40万円
  • 蓄電池: 助成対象経費の1/4(最大20万円)
  • ビークル・トゥ・ホームシステム(V2H): 15万円
  • ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS): 2万円/1台まで
  • 高断熱住宅: 最大80万円(断熱性能6以上、ZEHの場合)
  • EV・PHEV・FCV: 25万円(1台)
  • エネファーム: 5万円(1台)

 

2. 導入事例

戸建て住宅を建て替えたS様は、太陽光発電システム蓄電池を設置。かつしかエコ助成金を利用することで、費用を大幅に節約することができました。

太陽光発電システムで発電した電気は、日中に自家消費し、余剰電力は売電することで、光熱費を大幅に削減することができます。また、蓄電池があれば、夜間や停電時にも太陽光発電で発電した電気を使うことができ、安心です。

S様は、「かつしかエコ助成金のおかげで、太陽光発電システムと蓄電池を思い切って導入することができました。光熱費がかなり節約できて、家計にも助かっています。災害時の停電にも備えることができ、安心感も増しました。」と話しています。

 

3. 葛飾区ホームページ

https://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/1000062/1023018/1035385/1030818.html

 

4. その他

  • 助成金の申請について、詳しくは当社スタッフへお尋ねください。
  • 申し込み:令和6年4月1日(月曜日)から令和7年3月31日(月曜日)まで【必着】

 

江戸川区西小岩のモデルハウスでは、

各種助成金のご活用をはじめ、家づくりのお金に関する様々なご相談を承ります。

モデルハウスで新しい住まいのイメージを膨らませていただきながら、

気になるお金のことも、どうぞお気軽にご相談ください。